「こだわり」は、私たちにとってごく当たり前のこと。旬の素材をさらに引き立てるために、シャリには季節に応じた酢を合わせ、選び抜いた醤油で提供します。
お客さまが寿司をほおばったときの笑顔のために、「うまいっ!」のひと言のために、努力をおしみません。
新潟の鮮度と粋を、心ゆくまでご堪能ください。

一、新潟産のコシヒカリと醤油

コシヒカリは新潟県・旧津川町の山間部でとれるコシヒカリを使用。
寒暖の差があり、わき水で育てているため、香りや甘さ、うまさが格別です。
また、醤油は旧笹神村の「コトヨしょう油」。木樽で熟成するので、舌触りがまろやか。
濃口は刺身用、薄口は寿司用と分けてお召し上がり下さい。

二、鮮度の良いネタを仕入れる

真夏の暑い日も、吹雪の日も、毎日市場に足を運び、長年の経験から数十匹と並ぶ魚の中から一番良いものを選びます。
日本海で揚がった地魚は鮮度が命。
そのために、市場へは誰よりも早く出向きます。

三、手間ひまかける一品料理

一番のオススメは「海老しんじょう」。
南蛮えびの食感と甘さが残るように、包丁で丁寧に叩いてから卵の黄身を混ぜて揚げる。
えびの食感とふわふわとした生地が特徴です。
そのほか、新潟の郷土料理「のっぺい」をはじめ、新潟の食材を使った料理を各種取り揃えています。